CSR

三井化学アグロの事業を通じた社会課題解決の取組み

事業を通じた社会課題解決、SDGsへの貢献
1.食料農作物の安定生産、生産向上に貢献する製品の開発と普及

長年の実績に基づいた高度な農薬創製技術を有する三井化学アグロは、これからも優れた農薬製品の開発を継続することで、食料の安定確保に貢献していきます。


2.感染症対策の防疫製品の開発

感染症を媒介する蚊を防除する殺虫剤等を世界に供給してきた三井化学アグロは、今後も高性能な製品の開発で、感染症対策に貢献していきます。
※マラリアを撲滅するための革新的な製品の研究、開発、供給を支援する共同声明を発表しました(2018年4月)
【詳細はこちら

3.社会との共生

(1)国際植物防疫年2020オフィシャルサポーター
三井化学アグロは、国際植物防疫年2020オフィシャルサポーターです。
国連食糧農業機関によると、世界の食料の80%以上が植物由来であり、このうち20%~40%が病害虫の被害で失われているとされています。植物病害虫の新たな地域へのまん延を防止することが重要です。
国際植物防疫年 【詳細はこちら

(2)国際化学オリンピック日本大会の開催支援
国際化学オリンピックは世界の高校生が科学の知識や想像力を駆使し、化学の実力を競う国際的イベントです。
2021年に第53回大会が日本で開催されます。日本の多くの方々に化学の興味や理解を深めていただくとともに、次世代を担う人材の育成に貢献する大会の運営をスポンサーとして支援しています。

(3)「生き物と共生した米作り」についての教育機会の提供
消費者、JA、農業生産者の方々と共に田んぼに入り、生きもの調査を体験しながら、食や環境について考える機会を提供する活動をしています。
※文部科学省「こども霞が関見学デー」に田んぼの生きものを出展しました(2018年8月)
【詳細はこちら
※東北大学サイエンスキャンパス体験型科学教室で、宮城県内の小学生・保護者と共に、田んぼの生きもの調査を行ないました(2018年6月)
【詳細はこちら

(4)災害被災地への支援
三井化学アグロは、災害被災地に対する三井化学の支援活動に参加しました。
※三井化学Webサイトの社会活動のページをご参照ください

 

ページトップへ▲